非対応でした Zenfone Selfie+mineo Aプラン






スマホに合わないsimカードを購入してしまいました。
念入りに情報収集したはずでした

スマホの”Zenfone Selfie(ZD551KL)に合うsimカードを購入しようと思い、mineoさんのAプランのほうが、Dプランより月々の支払額がお得でしたので、選びました。
mineoさんのHPの 動作確認端末一覧 のページでスマホとsimのプランが相性がよいか検索したぼんやりとした記憶はありました。
Zenfone selfie ausim.jpg
ただ、そもそも自身がスマホ自体やsimカードの相性についての知識が不足していたため、都合よく情報を収集してしまったようです。

通話も開始出来ないため、これまた人生初のチャット機能で、mineoさんのオペレーターとやりとりしました。
これはすんなり会話が出来、びっくり!

再度冷静に、mineoさんのHPで動作確認端末一覧のページをながめていたところ、この見間違い?!と気づいたことがありました。simカード、スマホ初心者の方へ購入時の参考になれば幸いです。

mineoさんHPのこの画面から検索スタートですが、画面上部に auプラン(Aプラン)と表示されているため、
”お持ちの端末が使えるかチェックする”のボタンをクリックすると、auプランでのみ使用可能な端末が表示されるんだと思い込みました。
画面1
kedmineo1_LI.jpg

端末を調べるので、端末チェッカーのボタンをクリック。
画面2
mineo2_LI.jpg

スマホ、simフリー、ASUS、 Zenfone Selfie(ZD551KL)を選び 診断する をクリック。
画面3
mineo3_LI.jpg

診断結果欄の、”ご利用いただけるsim” の欄に 赤い絵で "docomo SIM"となっています。
画面4
mineo4_LI.jpg
これを見て、docomoさんのSIM Dプラン が使用出来ると気づけばよかったですが、auさん(
Aプラン)の診断画面で検索していると思い込んでいるので、auさん(Aプラン)の結果表示と勘違いしました。”SIM”の文字しか脳が見てなかったのでしょう。

そしてその下の欄に目を通し、通話も出来るタイプなんだ!、カードのサイズはmicroなんだ。間違えないでおこう!などと気分が盛り上がって行ったと思います。
画面5
mineo5_LI.jpg

初心者の方は、画面1のページで下にスクロールし、一覧の全体像を確認したほうが安全です。これならAプランとDプランは混ざっていません。Dプラン一覧は別ページ。

結果、mineoさんのHPにログインし、Dプラン変更しました。1日も使用していないのに事務手数料2,000円発生

ちなみに、このAプランのsimカードが手持ちの端末で活かせないかと試しもました。
今まで使用していたガラケー...simロック解除対象品でないため活かせず。
               MNP転出済で ”圏外”表示=解約
ルーター...WiMAX2+W01はデータ通信は対応、通話はwifiを利用してスマホでは不可ですね。

私、かがみもじやの今回の失敗例が何かしらお役に立てば幸いです。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック