11年経過後についに引き寄せました!

11年。

結構長い時間です。



何を引き寄せたのかというと…


お風呂掃除です。


それも、夫がお風呂掃除をしたのです!


もちろん、お風呂場の一部分ですけれど。






お風呂の鏡の下にある台というのでしょうか、シャンプーの容器を置いたり洗面器を置く台です。


石鹸カスが細かい目に入り込んだのか、こすると余計に白くなってしまっていました。


私なりに、何日にもわたり、石鹸カスが落ちるスプレー洗剤、カビ取りスプレー、先日はクエン酸をまいてみたりして、こすらず汚れが落ちる様子を伺っていました。



そうしたら今日、何故か夫の入っているお風呂場から、キュッキュッとこする大きな音が聞こえてきました。


何だか嫌ーな予感がしました。


男性の方をひとくくりにするのはいけないと思いつつ、言わせていただきますが、わざわざアピールしますよね!?男性って。


それもたまーーーーーにしたことで。


それまでの11年間は私がお風呂場の掃除をしてきたのに、このたった、たった、(もう1回言わせてください!)たった1回、それもその台だけこすっただけ、排水口の髪の毛を取ったのでもなく、俺やりました!アピール。


ちなみに、「私は、11年間排水口の髪の毛もとっています!」と夫に言いたいです。


1年に300回自宅のお風呂に入ったとして、300回✕11年で3,300回!


私、表彰者ではないですか!そして、同じ境遇の皆様!素晴らしい!ボーナス受け取ってください!


お風呂からあがるなり、夫が「シャンプーの容器を置きっぱなしだと底の跡がつく。何か穴の空いていない受け皿に入れるようにしたほうが良いのでは?」と提案がありました。


でも、その受け皿は誰が掃除するの??、また嫁の仕事を増やすのかな??と疑問に思ったので、結果シャンプーはその都度脱衣所に持っていくことでおさめました。


私は数日前から「引き寄せの法則」関連の知識を見聞きし、本来の自分に近づいた気分(:ウキウキやワクワク)でいられたから願いが叶った(ほんの一部)のかとも思いました。

超訳 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

超訳 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話Amazonページへ


ただ思い当たることもあります。


何故急に夫が掃除しだしたのか。


夫のお母さんが、何年ぶりかに遊びに来るからでしょう。


人を動かすエネルギーは、嫁のエネルギーより義母のエネルギーのほうがやっぱり大きいですね



「承認欲求」(:他人から認められたい欲求)という言葉を最近知りました。


これは、他人から褒めてもらいたいという欲だそうです。


この「承認欲求」について、引き寄せの法則を伝えている方がおっしゃっています。


他人(夫)とつながろう(認めてもらおう)とするのではなく、まずは自分(私)の源とつながるのが重要だと。


ぴったりくる、女子マラソン選手の言葉を使わせていただくならば、

今後は「自分で自分を褒めたいと思います。」

走る!―有森裕子・志水見千子・千葉真子 アトランタ1996の激走
走る!―有森裕子・志水見千子・千葉真子 アトランタ1996の激走
Amazonページへ



さらに、現状ばかりみていると願望の変化が起きないとのこと。

今回3,300回も自分でお風呂掃除をしてきたことがわかりましたので、この家事をしなくていいような気分でいられる行動をしていきたいと決心がつきました。

例えば、宿泊場を生活の拠点とするなど。

何だか目標が出来て、ワクワクしてきます!

変化があれば、ブログにアップします。

お読みいただきありがとうございます!



この記事へのコメント