五十肩、克服したその方法

1年ほど前から、左の肩と腕をつなぐ関節が、腕を真っ直ぐ上げると「ズキッ!!」と痛みました。

いわゆる「五十肩」でした。

腕を伸ばして遠くの物を取ろうとすると、肩と腕のつなぎ目が10秒ほど痛くなり、動けなくなるほどでした。

でもこの度、ようやくほぼ克服出来たようです。

肘を伸ばしてバンザイをした時、腕が耳につけられたからです


克服方法は、筋肉を緩めたからかと思います。

痛みのある肩関節その箇所ではなく、腰、お腹側、肋骨の間、肩と首の付け根、そして脇。

緩め方は偶然YouYubeで見つけた、「緩消法」という方法です。

自力で出来るし、速効性があり、正しく行えば「揉み返し」の副作用も無しです。


この記事へのコメント