遠隔応援でオリンピック観戦してみたい!

新型コロナウィルス感染対策によって生まれた「遠隔応援システム」なるものを、チラッとテレビのニュースで知りました。

5月18日に静岡県のエコパスタジアムで実験されたようですね。
 
東京オリンピック観戦にも採用されるのかしら!?

茶の間に居ながら、オリンピック競技が何種目か自分の好きな時に生中継で観られるのなら、楽しそう!

もちろん、現地の会場での観戦のほうが迫力は違うに決まっていますが、チケットがとれなくて、熱が冷めていた私にもお得感が期待出来そう!と現実化されていないのに、勝手に思っています。



本日、東京2020へのスポンサー企業が延期の契約をしているところが少ないとニュースで聞きました。

「遠隔応援」で投げ銭システムのような収入が出来れば、スポンサー企業の協力もキープされるのでしょうか。

「遠隔応援」のメリットは、日本に限らず世界の人々が対象になるので、経済効果は計り知れないですよね。

例えば、競技場にある座席に、現実なら1人1日しか座れないとして、「遠隔応援」なら上限が無いのでは?






この記事へのコメント